食べ物が心に影響する?の話。

募集中★ヨガインストラクター養成講座JPY300

こんばんは!

ハッピースートラ夏未です。

今では、当たり前のように感じられる、食べ物と心身の関係。

実際、皆さんは、日々生活する中、食べ物の影響を感じますか?

私は最近、たまにシーフードを食べる生活を試しており、自分を使って実験中です。

なぜ、ベジタリアンなの?

と、最近では周知の事なので、あまり聞かれなくなってきたのですが

今までは、色々と理由をつけて受け答えしていたようにも感じます。

自分にとって平和な選択としてベジタリアンを選んでいるのに

答え方によって、相手を傷つけるのでは無いか・・・

とか、色々と危惧してしまったりして。

今は、なぜ、ベジタリアンなの?

と聞かれると、私にとってベストな食事が野菜!と明確なのです。

正直に話すと、お肉を食べ物として見れない

という事でもあります。

かと言って、肉食を否定する訳でも無い。

私は焼肉屋の娘でしたので、子供の頃は、お肉を思う存分食べました。

今は、単純に、食べ物として見れないから

食べたいという気持ちが湧かないのです。

逆にシーフードは?

と言うと、これは食べ物としては見る事ができました。

ただし、やはり、食べたい

とは、実は、あまり思わない事にも気がつきました。

切り身では気がつかなかったのですが

お魚の顔を見たら、ギョッとしてしまったのです・・・。

と言う事で、私は単純に動物を、食べ物として見れないようになってしまったのだ

と理解しました。

野菜や果物、豆や米は、こんなに美味しく感じるのに!

と言うか、野菜や果物が美味しすぎるから、十分だ!と感じてしまっているのだとも思います。

結局は、質素な食事が一番美味しく感じ、健康も簡単に維持できると、自信になっています。

また、乳製品をインドで摂るようになってから

女性がふっくらした状態でいるには少しの乳脂肪があった方がコントロールしやすい

とも気がつきました。

私は最近、ホットヨガのお仕事をかなり行っていますので

痩せすぎてしまうのです。これに歯止めをかけるべく

週に3日以上はインドカレー+ライス+チーズナン。

これで、痩せすぎを防げています(笑)

また、シーフードを食べるようになってから、

野菜よりも消化吸収に時間がかかるというのを体感するようになりました。

私は毎日、その日の体調や心理状態を、ヨガレッスンをする事で感じています。

ヨガをする事は、内的感覚を強めることなので

食べ物の影響で

・声が出にくい

・体が動きにくい

・体が硬い、重い

など、違いがある事にも敏感に気がつけています。

そこでわかってしまったのは

消化吸収に時間がかかるものを食べると、かなり体(心にも)に影響する

という事でした。

私の中で

・シーフード

・油や糖の多すぎる食事

・添加物

・炭水化物が多すぎる(パスタは特に)

これらは、ヨガレッスンの前にはNG食として認定しています(笑)

また、お酒についても、面白い発見ができました。

私は普段、お酒を全く飲みません。

だから、敏感に気がつく事ができると思うのですが

お酒を一定以上飲むと、体がやはり、疲れてしまうのです。

また、感情に影響する気がします。

普段、思わないような、イライラ?のような、変なエネルギーが内側で起こるのです。

これは、面白い発見でした。

このように、内的感覚を観察していくと、食べ物が、自分にかなり影響を与えると理解しました。

食べ物を選ぶ事も、自分を制する事に繋がりますね。

これからも面白ろおかしく、楽しみながら、実験は続きます・・・😊