ヨガインストラクターになる方法

募集中★ヨガインストラクター養成講座JPY300

ハッピースートラ夏未です。

この記事は

『ヨガインストラクターになりたい!』

そう思った方が、まず読むと役にたつブログです。

2017年現在 ヨガを仕事にしよう! と思うと

ヨガインストラクターという業種は技術職なので

学校や企業で、トレーニングをして、初めて仕事として通用します。

また

資格が無いと教えてはいけない

と考えている方が多くいらっしゃいますが

ヨガの資格は国家資格ではなく、民間の団体が発行している資格なので

事実上は、資格が無くても教えられる業種です。

(実際インドの グル「指導者」の多くは資格なんて持って無いですよね(笑))

しかしながら、資格を取得するくらいトレーニングをしていないと

お金をいただくレベルには、なれないというのが現実的です。

多くの場合

①学校へ行き、資格取得後、仕事にする

②ヨガスタジオに就職し、トレーニングを経て仕事にする

だと思います。

①学校へ行き、資格取得後に仕事にする の場合

日本全国、世界中にヨガの資格取得スクールが存在します。

・通学スタイル

・短期集中

・旅行中に資格取得できる

・通信教育

など取得の仕方も様々です。

費用は10万円〜70万円ほど、平均30万円くらい。ピンからキリまであります。

また、学校によってカリキュラムの内容も様々。

一番有名とされる資格は 全米ヨガアライアンス200でしょう。

(なんで日本人なのに、ヨガの発祥はインドなのに、全米の資格が一番有名なのか、私はナゾだと思っています。)

スクールについては、各団体がお金をかけてネット上で宣伝をしていますので

”ヨガ資格”などでweb検索すれば、色々と情報が出てくると思います。

一つ、言えるのは

有名な資格だから、高いから良い 訳ではありません。

現状、ぶっちゃけて、お話してしまうと

全米ヨガアライアンス200など、資格は持っているが仕事になっていません。

という方が多くいます。

資格取得は、あくまでもスタートラインにたつ為、自信をつける為のようなものです。

一番大切となるのは

自分の将来のビジョンが合致するスクールであること。

例えば、資格取得後、すぐに仕事にしたいと思っている方の場合

海外で2週間で資格を取得できるようなスクールでは、その後に日本ですぐにヨガを指導したいと思っても、そのルートがあると思いますか?

もしゼロからスタートした場合、たった2週間で、体づくり、インストラクションの方法、プログラムの作成方、精神的な調整などを学べるでしょうか?

人により個人差があると思いますが、実践レベルで落とし込むのに、2週間で足りるでしょうか?

逆に、自分のリセットのため、人生に変化を起こすため・・・

そんなイメージなら2週間、他の事に意識を向けずに済みますし、ぴったりかもしれません。

というように、自分の方向性と合致するスクールを選択する事が重要となります。

まずは

・自分がどんなヨガインストラクターになりたいのか

・どういうところで働いて行きたいのか

・何を学びたいのか

それらを意識して、スクールを選択すると良いと思います。

”こんな風になりたい”と思える方や

ロールモデルとなるヨガインストラクターがいたら

その方に聞くのが一番早いかもしれません。

どのスクールに通ったら良いか、何を学んできたのか・・・など。

その方に近づけば、最短ルートで、そこにたどり着くことができるからです。

また、学校が大切にしている事などもチェックすると良いです。

・少人数なのか団体なのか(10人以上のスクールだと、様々な人と関われるというメリットがありますが、聞きたい事が聞きにくかったり、先生との距離が遠いというデメリットがあります。)

・スクールのティーチャーはどんな人か(ヨガのティーチャーは様々なタイプがいるので、自分が学びたい事が学べる人物であるか。先生によって、得意分野や学びの深さが確実に違います。)

・ヨガの流派など、自分の学びたいヨガが学べるスクールなのか

・どのくらいの時間をかけてトレーニングするのか、そのカリキュラムのゴールはどこか

このように、吟味して、説明会や体験会なども参加してみることも良いと思います。

自分に合ったスクールを選択できれば

その後のヨガインストラクターとしての人生も明確になり

その後の人生でも刺激しあえる仲間に会えるかもしれません。

それぞれのスクールには、似たような思いの人が集まる傾向があるので

良き仲間と出会える確率も高くなります。

②ヨガスタジオに就職し、トレーニングを経て仕事にする の場合

現在ではホットヨガのスタジオが多くなります。

無資格、未経験者歓迎の会社が多いので、働きながらヨガを学べるという特徴があります。

ただし、そこの企業独特の文化を含んだヨガ(一種の流派と思うとわかりやすい)になる為、少々偏ったヨガである場合もあります。

また企業によっては、働きながら資格を取得できるなどのメリットもあります。

一番は経験しながらヨガを深める事ができるため

先輩から様々な事を教えてもらえる事、企業としてデータがあるので、実際に現場でお客様に必要とされている独自のヨガを学べる

指導経験が浅いうちから、レッスン数を重ねることができるので、ティーチングスキルが働きながら上げられるというメリットがあります。

また、ヨガインストラクターになる為の資格取得にかかる大きな費用が無いということもメリットです。

”ヨガ正社員”などでweb検索してみると、多くの企業が出てきます。

次の記事では、ヨガインストラクターの働き方など、リアルを書いていきます。