トイレットペーパーを三角にする本当の意味。

募集中★ヨガインストラクター養成講座JPY300

おはようございます。ハッピースートラ夏未です。

皆さんは、自分が公共のトイレを使った後、どんな風にして出ますか?

なんでこんな事をブログにしているかというと

トイレをどんな風に使うか

で ”その人が わかってしまう”

と感じるからです。

先日、あるホテルで朝食会議をした際、トイレに入ったのですが

入ると、トイレットペーペーが!(笑)

思いきり、気持ちよく!w 

引きちぎったような、勢いを感じさせる状態です(笑)

ちなみに、ウォシュレットをお使いになったようで、その しぶき も残っておりました(笑)

そんな、思いきり引きちぎらなくても!(笑)という印象ですw

私は、このようなトイレに巡り合わせていただくと

俄然、やる気が出て、トイレ掃除をしてしまいます(笑)

それにしても、こんな光景を目にすると

自分の会社のヨガインストラクターさん達に

トイレを使った後は、必ず掃除をして、ペーパーを三角にして、キレイにして出ましょうね!

と意思統一している事が、本当に大切だなぁ と感じます。

トイレがキレイだと、次に入る方が間違いなく、気持ちよくなるからです。

これは、日本人の 思いやり、おもてなし その精神の象徴のように思えます。

以前、その話をしましたら

『トイレットペーパーを三角に折るのは不衛生だとテレビで見ました』

とおっしゃった方がいました。

それって、賛否両論あるかもしれませんが

だったら、トイレに入る時、鍵をしめる時、必ず触れますよね?

とか、もう!潔癖レベルになって、何も触れられなくなりませんか?(笑)

また、私は、テレビを持っていませんので、そういう情報が入って来ませんが

本当に正しい情報、必要な情報か を自分で考え自分で判断する事が

この情報過多の社会では大切だと思うんです。

”トイレットペーパーを三角に折って出る”という行為には深い意味が隠れていて

・他人への思いやりやおもてなしの心を育む

・たとえ自分が汚していなくても自分の事のように掃除する事で大きな器と精神を育む

・トイレをキレイに使う事、掃除の習慣を作る

・どんなに急いでいても心の余裕を保つ練習

にも繋がるのです。

実際、ヨガインストラクターさんの育成だけでなく

毎月、膨大な数の求人面接、様々な方と会う機会に恵まれていますので

そのおかげで、メールの文面や少し会っただけで

その方の大体を、感じてしまうようになってしまいました。

余裕がない、自己中心的性格、異性とコミュニケーションが少ない、社会経験が少ない、人のお世話をした事がない

そんな方で、トイレを汚したまま気にならない方が多い様です。

また、ヨガインストラクター という職業は人に見られる立場でもあるので

もし、生徒さんが自分の次に入ったとして

トイレが、私の今回のような状態だったら、どう思うでしょう?笑

『今日の先生は、勢い良く!気持ちよく、出し切ったんだろうなぁ!!!!』

そんな、面白おかしく、受け取ってくれるでしょうか?・・・笑

だからと言って、無理矢理に”〜〜やるべき!”となる必要はありませんが

いつでも、自他ともに、にこやかに思いやりをもって

自然に、愛を発信できる自分でいたいですよね。