私がインドを好きな10の理由。

ヨガワークショプ 最新情報

皆さま

ご無沙汰しております。ハッピースートラ夏未です。

私は今、インド デリーのヨガ瞑想アシュラムにて、このブログを書いています。

現在の気温は42度。クーラーの無いお部屋でファンをまわし

生ぬるい強風を受けながら、目や皮膚は乾燥気味だけど、汗が止まらない、よくわから無い状態。

今日は、”私がインドを好きな10の理由” と題しまして記事を書くことにしました。

本当は10じゃ足りないくらいですが(笑)

※写真は、先日、日本メンバーで参列したインドの結婚式。ハンナちゃんとのツーショット。

これも、度肝を抜くスケール!ナント結婚式は、両家の儀式などで1週間ほど続きます。

しかも、村を練り歩く夜のパレード、花火なども打ち上がります(笑)

一生に一度!にはふさわしい結婚式です。

私がインドを好きな10の理由。

1 インド人は優しい

・お釣りをもらい忘れたら届けてくれた!(ズルく無い)

・金額間違ってるよ!と突っ込むと、ちゃんと返してくれる

・本気でディスカウントを要求すると、けっこうまけてくれる

・インドは野良犬が多いですが、命に優しい国。だからか、野良犬たちも人間を親しんでいる

・どこもかしこも、野良動物だらけ! 特にブッタガヤは、牛、やぎ、リス、犬、猫、イノシシ、ネズミと、動物天国です。

・私がデニムのお尻のポケットにスマートフォンを入れていたら「危ないよ!スリにあうからしまって」と注意してくれました。

2 チラ見できない、いつでもガン見!

・インド人ってチラ見ができない人種だと思います。気になったらじーっと見ます。

それに慣れると、日本でも、誰かを見るとき、じーっと見てしまう自分に気がつきました。

3 世話焼きで、すぐに野次馬を形成する(隣で事件が起きると自分の仕事を放置して、それに加わる)

先日、イミグレーションの隣のカウンターで西洋人と係の人が口論になってもめていました。そうしたら!他のカウンターの係まで、自分の仕事を放り出して加わりだし、次々とカウンターがクローズに・・・。

並んでいる旅行者は、あともう少しで自分の番だったのに、別の列に並ぶはめに・・・

インドのあるある です(笑)

4 タクシー、リキシャは、目的地がわからなくても、とりあえず乗せる(後で人に聞けば良いという感覚)

インド人は、基本、ノリのよい人が多い気がします。大丈夫、大丈夫!みたいな(笑)

タクシーもオートリキシャーも、メジャーな場所以外、目的地を伝えてストレートに到着できたことは、考えてみれば、あまりないかもしれません(笑)

運転手さんは自分がわかっていなくても、大体の場所まで行って、人に聞いたりして目的地を目指します(笑)

しかも、途中で車を止め、買い物して戻ってくることもあります(笑)

道に迷って、かなりグルグルしてから目的地についた時、ガソリン代が多くかかったからと追加でお金を請求してきたお調子者もいました(笑)ことわりましたが(笑)そんなマイペースな彼らが人間っぽくて好きです。

5 日本人に優しい(英語ができなくても、言葉を理解しようと聞いてくれたり、くみ取ろうとしてくれる)

インドの英語はなまりが強く、聞き取りにくい と言う方が多くいますが、私は日本人なので、逆に聞き取りやすく感じますし、和製英語みたいなカタカタ英語みたいな発音の言葉もあります。

なにより、州が多い民族で、言語もたくさんある国なので、相手の言葉を聞き取ろうと歩み寄ってくれます。何度も聞き返しても何度も言ってくれるし、伝わらない場合、紙に書いてくれたり、かなりコミュニケーションをはかってくれ優しいように感じます。

6 人なつっこい方が多く、井戸端会議が好き

・最近はセルフィー!と言ってきて一緒に写真を取りたがる若者が多いです。自分と違う民族にも興味があるようで、とくにブッタガヤでは多くのインド人に写真を求められました。コミュニケーションをとろう話しかけてくる人も多くいます。

・インド人は大勢で集まって、ゲームしたり、一緒にぼーっと話したり、人と一緒にいるのが好きなように感じます。また、男性同士で手をつないで歩いている人が多くいますが、彼らはゲイなわけではなく、友人同士で手をつなぐ習慣があるそうです。

7 めげない力が半端じゃなく強い(断られてもガンガン攻める)

観光地のリキシャー、売り子などは、半端じゃない、営業力です(笑)

しかも、めげない力がすごい!!何度断られても、いどみ倒す!という感じです。

インドにいると生きる力がたくましく、備わりそうです。

8 自発的、自立的に動く

・列の横入りは当たり前。兄弟が多い方も多いので、待っていたら自分の番にならないからでしょうか(笑)貪欲さ、生きる力強さ、学べます。

・信号の無い道路が多いので、車がガンガン走っている国道のような広い道路も上手に渡ります。日本だと、決められたルールに流されて、自分で考えて動く力が弱ってしまうように感じます。

・頼まれてないのに仕事を取りにいき、断っても勝手に仕事をしだして、最終的にチップを要求する強者もいます。(しかもチップは20ルピーとか(40円)横暴な額じゃ無いので良心的 笑)

9 友達になると親戚のように親切にしてくれる

インドの方とお友達になると、本当に親切にしてくれて、親戚の様に大切にしてもらえる気がします。今回は結婚式に参列しましたが、本当に、皆さんに親切にしてもらい、日本では考えられない大きな愛を感じました。

10 ベジタリアンが生きやすい!果物、野菜が新鮮で、カレーが最高

インドは基本、ベジタリアンの国です。レストランのメニューも、基本ベジです。

何を買うにも、パッケージにはベジタリアンマークかノンベジタリアンマークがついています。

※こちらがベジタリアンマーク(動物、卵が使われていません)日本の国旗を緑にしたようなマークですよね。

ちなみにノンベジは、これの赤マークになります。

なので、迷う必要がなく、ベジタリアンは生活しやすいです。

また、冷蔵庫が無い家も多いので、野菜はその日の朝穫れたものを、買って食べます。

なので、いつでも新鮮な果物、野菜が食べられます。

旬の果物はとっても安く、その場で絞ってもらえるフレッシュジュースも30ルピーほど(日本円で60円しない)

ベジタリアンは、食に困りません。カレーも最高に美味しいです。日本では、こんなに美味しいカレー、食べられないです。

さて、インドのイメージ、皆さんはどうでしたか?

これからも、インドの魅力をたっぷり記事で

紹介していこうと思います。