断食記録【3日目】

ヨガワークショプ 最新情報

3日目は、ヨガで体を動かす仕事が計5時間ありました。

さすがにスタミナに心配があったので、お助けアイテム 黒糖(さとうきび100パーセント)をかじれるように用意しました。

そのおかげで、全く辛くなく、終了。

人間は本来、今食べている量の1/4で生きられるそうです。

今回の断食は1週間の予定ですが、終わった頃からは、できれば1日1食という生き方にしたいなぁ!なんて思いますね。

3日目 データ 断食
体重 48.0kg
体脂肪 22,9
筋肉量 34.9
内臓脂肪 2.5
基礎代謝 1082cal

体年齢 25歳

【ジュース断食中の飲み物】

・ニンジンリンゴジュース×2杯
・三年番茶
・引き立てコーヒー
・柿の葉茶

【どうしても体力が持たない時のお助けアイテム】
・黒糖

※私の行う断食の方法は

主にニンジンリンゴジュースを用いて行う、巷ではジュースファスティングと呼ばれているものです。

固形物を摂らず、基本的にこのジュースと水、お茶などで過ごします。

ニンジンリンゴジュースで最低限のビタミン、ミネラル、糖質が摂取できるので生活や仕事に支障なく断食ができます。

普段摂りすぎている、たんぱく質、脂肪、炭水化物などの固形物を避け、

胃腸を休めて免疫力を高め、毒素排出の力を活性させる方法です。

現代人、特に30歳以上の人間は、ほとんどが、たんぱく質、脂質、炭水化物の摂り過ぎになっているそうです。

動物実験でも、満腹にエサを与え続けたサルより、摂取カロリーを控えて腹6分目くらいにして与えたサルの方が若々しくいれるというデータもあるそうですよ。

また1日おきに断食するという食スタイルも、若さを保てる。というデータがあるそうです。

自分で行ってみると発見があり面白いです。