私がベジタリアンになった理由 vol.1

募集中★ヨガインストラクター養成講座JPY300

o0640048011273259178

私がベジタリアンになった理由は、ある”本”がきっかけです。

食や健康に対して、10代の頃から興味があり、いわゆる”健康オタク”でした。

体に良さそうな健康食品やサプリメント、美容や若返り、オーガニックなど、メディアからの情報を得ては

気になるものはなんでも試し、新しい情報には我先に!と飛びつきました。

本を読んで勉強したり、栄養学を学びたくてサプリントアドバイザーの資格も取得しました。(今となってはサプリメントは必要ないと感じています)

ところが、ある一冊の本がきっかけで

今まで自分が当たり前のように、疑いもなく信じていたものが

全く真逆なのかもしれない・・・

という事実を知り、夢から覚めたような気持ちになったんです。

その本が『フィット・フォー・ライフ』

忘れられない文があります。

この地球上に、決して乳離れしない、唯一の哺乳動物が存在している、それが人間。

もし、あなたがどこか田舎の道をドライブしていて、たまたま牧草地を見渡したとき、立派な服を着た紳士や淑女が、かがみ込みながら雌牛の乳を吸っているのを目撃したら、どんな風に感じるだろうか。

牛の糞をよけながら、雌牛の所へ真っすぐ進んで行き、牛の乳房からそのまま乳を飲む様なことをするだろうか。

この一節を読んだ瞬間、思わず吹き出して笑ってしまった!

元々、牛乳は好きではなかったので、飲むことはほとんどなかったし

様々な健康本でも

牛乳がガンになるリスクを高める、女性のホルモンバランスを崩す、子供の骨粗鬆症リスクを高める等々

読んでいたので知っていたのですが

ビシッときめて、格好良くスーツを着た紳士が、牛のおっぱいに吸い付いてるのを想像したら

おっかしくて、おかしくて。笑

『たしかに!!』

って思ってしまったんです。

なんて、不自然な事、してるんだろうって。

キレイなコップに入れて持ってきた物を飲んでいたとしても、牛から乳をもらっている事には変わりないんだもの。

それに、動物性食品を取らなくても人間は

むしろ、ほとんど取らない方が、健康的に生きて行ける!という見方がある事を知った時に

今まで教わってきた栄養学は、ただ鵜呑みにしていたもので、真実とは違うのかもっ!

”自分の体で実験してみないと、わからない”

って思いました。

そういう事を考えているうちに、お肉を食べている事に疑問を感じました。

だって、牛さんが横を歩いていて、美味しそうって思った事がなかったから。

ブタさんが横にいて、お腹がすいたから、殺しちゃおうだなんて

絶対に思わない。

殺すくらいなら、木の実探しにいったり、草食べようって、思う。

そんな気持ちがきっかけでした。

今までは、ご飯屋さんに行って、ただ出てくる物を、何も考えずに口に入れていたけれど

例えばお肉が、どうやって作られているか

”目を背けずに、自分の判断で丁寧に生きたい”

ちゃんと見ようって思ったんです。

ユーチューブなどで、お肉が作られるまでの映像を見た時に

『やめた』

って思いました。

私、今まで、なんて ”不自然な事” していたんだろうって。

そこから、私はベジタリアンになりました。

今思う事は、生きるのが本当に楽になりました。

これが私らしい、納得した丁寧な生き方だと 腑に落ちたのだと思います。

続き▶私がベジタリアンになった理由02はこちら