便秘を解消するヨガストレッチと食事

ヨガワークショプ 最新情報

便秘に悩む女性へ

ベジタリアン夏未です。人生で便秘に悩んだ事はありますか?女性の8割くらいがYES!と答える、この悩み。

初めてあったヨガの生徒さんのお悩みを聞くと、”便秘”と答える方が多くいます。

私自身は、健康ベジタリアン生活をしてから、便秘とは無縁!食べたら食べた分だけ快調すぎます(笑)

そこで今日は、便秘改善に効果テキメン!な食事、ヨガ習慣をまとめて記事にしていこうと思います。

便秘の原因って?

  • 便秘の原因は様々。特に食生活が影響すると言われています。
  • 腸内環境が乱れている
  • 偏った食事(水分が少ない、加熱食品や加工食品、お菓子ばかり食べている)
  • ストレスが多い
  • 運動不足
  • 医薬品の多用

あなたの腸は元気?

人にとって腸は、植物の根っこですよね。

生きるために必要な栄養分を摂取する根っこは生命の根幹。

この機能が低下する事は、植物でいうと根腐れと同じで、全身に影響を及ぼします。

今日からすぐに腸内環境を調える習慣に切り替えて、美腸を目指していきましょう!

こんな症状には注意!

  • 食事をするとすぐ眠くなる
  • 何をしても痩せない
  • お肌が荒れている
  • むくみやすい
  • お腹が冷たい
  • ガスや便が溜りやすい
  • おなら・便の臭いが強い

腸内環境が荒れやすくなる生活習慣って?

  • 乳製品や動物性食品の過剰摂取
  • お酒をよく飲む
  • タバコ
  • 食べ過ぎ
  • ストレスが多い
  • 医薬品の多用
  • 死んだ食品の過剰摂取(インスタント食品・冷凍・添加物)
  • 外食ばかりする
  • 甘いものを毎日のように食べる
  • 古い油を使った食品

腸内環境を左右させる腸内フローラって?

腸内環境を左右するお花畑。それが腸内フローラ(腸内細菌叢 ちょうないさいきんそう)

腸管内を住処として存在している菌が【叢】を作り、棲息している様子を腸内フローラというそうです。腸内にある菌の数はおよそ1000兆個!

赤ちゃんは、母親の体内にいる時は無菌ですが、産道を通って生まれる時に母親から菌を受け継ぎます。その後、生活環境(温度、湿度、通気、栄養など)によって、色々な種類の細菌が腸管内に住み着いていくそうなんです。

毎日の排便の約1/3が腸内細菌の重さ。

また、私達の腸に住み着いた腸内細菌は大事な同居人です。

腸内で、代謝に必要な栄養分を分解・消化・吸収するだけなく、ホルモンやビタミンを作ったり免疫細胞を生み出し、酵素の多くを作り出しています。まさに菌と人間はギブ&テイクの関係。助け合って生きています。

腸内環境が調う事で得られるメリット

腸内環境が調うと様々な嬉しい効果があります。腸内には全身の約6割の免疫細胞がいると言われており免疫力もアップします。

  • 花粉症の改善
  • アトピー性皮膚炎の改善
  • 血液がキレイになり美肌
  • 脳の働きがアップ
  • 幸せホルモンの分泌が高まり精神が安定する
  • 痩せやすくなる

早速トライ!今日から始める美腸習慣

食事編 酵素をたっぷり含む食品を摂る
  • 発酵食品(ぬか漬け・ヨーグルト)を習慣的に食べる
  • フレッシュな生野菜サラダ、果物を食前にいただく
  • 食事の時には、水分を多く含む生の野菜を一緒に食べる
  • 水分を多く摂るようにする
運動編 便秘ヨガの実践
腸のぜんどう運動を活発にするには運動が大切!背骨の全方位を動かして活性。
伸びる

重力に逆らって上に伸びる動き。

24椎ある背骨の節々にスペースを空けるイメージでおへそを縦に伸ばすように引き上げます。

img_5474

側屈

斜め上に引っ張られているような気持ちで背骨を伸ばしながら側屈。

骨盤と肋骨の距離をあけるように横へ倒れましょう。

img_5352

前屈

太ももの裏が硬い方は、膝を曲げて前屈しましょう。

ポイントは脚の股関節を支点にして下腹部を引き入れるように

太ももとお腹を近づける事です。

img_5331-2

後屈

うつ伏せから、気持ちよいところまで上半身を起こします。

肩はリラックスさせて、呼吸をたくさん入れていきましょう。

お腹を伸ばす事で張っているお腹も改善させます。

腰が痛い場合は無理せず、気持ちよく背骨が伸びて、胸が開くところまで。

img_5345

ねじる

仰向けから、片膝を胸に引き寄せて横へ倒していきます。

腰が辛い場合は両ヒザを片側へ倒しましょう。

ねじることで腸をゆるやかに刺激します。

ゆったりした呼吸でリラックスすると自律神経が調います。

img_5446img_5447

※自律神経 
体の機能を自動的にコントロールしている神経。
自律神経は、自分の意思とは関係なく、状態に応じて「自動的に」調節される神経系。
自分の意思で動かせる運動神経とは異り
呼吸、循環、消化、代謝、体温維持、分泌、生殖、排泄など
生命維持の基本的な機能調節を担っています
逆転

両脚を持ち上げ、頭の後ろへ脚を伸ばします。(硬い方は膝を曲げて)

お尻が上がらない!という方はお尻のしたにクッションなどを挟んで足上げをしても◎。

重力で下垂してくる臓器を正しい位置に戻す効果も。

胃腸の調子が悪い、張っている、ガスが溜っている時にも効果テキメン!

img_5459

腹式呼吸

腹式呼吸は、肺の下にある横隔膜という筋肉を上下運動させる呼吸法です。

吸う息▶横隔膜が下がり胃腸は上から押されて、おへそ側へ押し出される。

吐く息▶横隔膜が上がりお腹がへこむ。

自分の内臓をマッサージするような効果が得られます。

腸を刺激することでセロトニンを活性化、精神が安定する効果も。

img_5389

便秘と無縁の生活習慣!

今日から食とヨガストレッチで、便秘と無縁の生活、是非目指してみてくださいね。

コメント

  1. めろん より:

    改めまして、こちらでは初コメントのめろんです。

    アメブロの方も更新してくださっていますね。
    ありがとうございます。

    私は子供の頃お腹が冷えやすく下痢をよくしていました。
    思春期になってからは便秘をしては下痢になり冷や汗をかいてトイレに籠る。
    繰り返しでした。

    そのせいもあってか、上咽頭が喋ると痛むようになり
    乾燥でも辛くて、結構な生活困難がでてきてしまったことや
    そのせいでパソや腕を使う動作が多くなり
    今度は肩凝りから、尋常でない背中の痛みや、脇後ろに痛みが出ています。

    便秘や下痢を繰り返すことは
    この一年、畜産動物の事を知ってから、耐え難く
    ベジになったのですが、便通と便の質は目に見えて変わりましたね。
    完璧とはいかないですが、わりと快調です。

    運動はDVDのエクササイズのモノを、筋力不足も要因の一つだと聞き
    一番副作用のない療法であることから、毎日少しずつ続けてきましたが
    夏未さんが体の固い人のためのストレッチをはじめ
    7分ヨガの動画を上げて下さっている事で、初めは筋肉痛になりましたが
    それを毎日少しずつすることで、心と体が楽になる感覚をおぼえました。

    浅眠的なのですが、以前よりよく眠れる気がするんです。
    まだ、捩じったときなど、捩じった側の腕が床につかず
    鎖骨の下の部分が酷く引っ張られて痛く、張ります。
    他にもそういう動作は多々ありますが、凄く痛い手前で止めるようにしてみています。

    後屈は、尾てい骨の後ろがぐきっとなって痛くなることが怖くて
    なかなか起き上がれないでいました。
    あとは腕に力を入れて体を持ち上げていたために、痛む腕が更に痛みましたが
    少しずつコツがわかってくると、ぐきってなるのがましであったり
    腕だけで支えるんでなく、バランスなんだろう、という気づきがあったりします。

    ヨガは難しいと思っていましたが、面白いし奥が深いですね。
    夏未先生の動画を見ていると、口調が優しく温和で
    とても可愛らしくていらっしゃって、癒されるんですよね。
    本当に助かっています。ありがとうございます。

    また、7分ヨガ、UPしてくださいね(。-人-。)

  2. happy-sutra より:

    めろんさん

    すみません!
    せっかくコメントをいただいていたのに、確認遅くお返事が遅くなってしまいました!!

    私も、子供の頃からお腹が弱く、しょっちゅう下痢をしていました!(私の場合はお肉が合わない体質で、それをやめてから無くなりました)

    また、水分質の多い生鮮野菜や発酵食品を多く摂ると便秘は解消しますね!

    また、動画を見て動いてくださっているということ、本当に嬉しいです。
    体が硬い方向けの動画、またアップできるよう頑張りますね!

    また、後屈など、色々な気づきを共有してくださり、ありがとうございます!
    そういうお声で、私も勉強になり気づきに繋がり、嬉しいです。

    これからも、宜しくお願いいたします。